Blog

パーマの種類って色々あるけど自分には何が合うの? デジタルパーマ、コスメパーマ、その他パーマなどのメリットデメリット!!

 

 

美容室によって違うパーマの種類。
 

デジタルパーマ、エアウェーブ、コスメパーマ、フィルムパーマ、コールドパーマ・・・

 
なかなか全部のパーマを用意しているサロンは少ないと思います。
 
ネーミングもサロンによって違かったりするので意外に分かりにくいと思うんですよね!
 
 
その中の何種類かをどこの美容室もこだわってメニュー化しています。
 
なので、パーマのメリットデメリットを知っておくのがオススメです。
 
 
パーマの種類、かけ方によって、カールの出方や向き不向き、特徴があるので紹介していきたいと思います♪
 
 
 

まずはざっくり分けると2種類のパーマがあるということ!!
 

『熱を加えてかけるパーマ』『薬剤のみでかけるパーマ』

 
というように分かれています。

 
 
『熱を加えてかけるパーマ』は、デジタルパーマ、フィルムパーマなどです。
 
エアウェーブも原理はちょっと違いますが、同じような質感が楽しめるパーマになっています。
 
 
熱を加えてかけることで、乾かした時にカールがキレイに出やすく巻いたような質感を出しやすいのが特徴です。
 
 
メリットは、持ちがいい、ゆるめでもしっかりかかるところ。
 
クリームタイプの薬剤なので、癖毛も毛質を整えて扱いやすい髪にすることができます。
そして、かけたいところのみかけれるので、ダメージを最小限に抑えられます。
 
 
デメリットは熱を加えるので高頻度でかけすぎると髪が硬くなりやすくなったり、高い温度でパーマをしてしまうとダメージの原因になってしまうところですね!

 
 
『薬剤のみでかけるパーマ』は、コスメパーマやその他コールドパーマなどです。
 
熱を加えないでかけるパーマなので、髪が濡れている時にカールがキレイに出やすいのが特徴です。

 
 
メリットは熱を加えず薬剤の力のみでかけるのでダメージが少ない。
 
濡れている時にキレイにカールが出るのでウェーブスタイルや、半乾きでのセットをしたい人にはおすすめです。
 
 
デメリットは、持ちがデジタルパーマなどと比べると少し悪い。
 
髪質によってはパサつきやすい仕上がりになりやすいです。
 
 
というような特徴を持っています。
 
 
結局はヘアスタイルや髪質、そして家でどうやってセットしたいかによってパーマの種類を決めるのがベストです!!
 
 
 

《 デジタルパーマ 》

 


 
デジタルパーマは、熱を加えるために機械を使いロッドを温めて、髪の毛のたんぱく質を加熱することで、しっかりとウェーブの形状が記憶されるようにかけるパーマ。
 
熱を加えることで髪の毛にスタイルを形状記憶させ、パーマのかかり具合を調整することができるのが特徴です。
 
 
また、髪を乾かした時にウェーブが再現されるパーマなので、普段のスタイリングがとてもラクに仕上げやすいのがいいところです。
 
また、一度形状記憶された髪の毛のウェーブの持ちは3ヶ月から半年くらい。
 
昔のデジタルパーマと違って、薬剤がよくなったことでダメージが少なく、やわらかくカールを作れるようになったのでオススメしたいパーマ。
 
 
《 最適な長さ 》 ボブ、ミディアム、セミロング、ロング
 
 
 

《 フィルムパーマ 》

 


 
フィルムパーマは、デジタルパーマと同じような原理でかけるパーマです。
 
ただパーマのかけ方がロッドではなくフィルムを使ってかけていくパーマ。
 
 
手で一つ一つカールの大きさ、熱の当て具合を決めていけるのでオーダーメイドなカールを作ることができるのが魅力です。
 
そして、ロッドを使わず、フィルムでかけていくのできっちりしすぎない、ラフなウェーブやカールのパーマができるのはフィルムパーマだけです。
 
デジタルパーマと同じで形状記憶の乾かした時にカールが綺麗に出るパーマなのでスタイリングが楽にできるパーマになります。
 
 
《 最適な長さ 》 ボブ、ミディアム、セミロング、ロング
 
 
 

《 コスメパーマ 》

 


 
コスメパーマは、化粧品登録のパーマ剤でかけるパーマのことをいいます。
 
化粧品登録のパーマ剤というのは、医薬部外品である従来のパーマ剤が薬事法の改正により、肌や髪にも優しく、傷めない性質になったものです。
 
熱は加えず薬剤のみでかけていくパーマ。
 
 
ダメージが少なく、優しくかかるのがメリットのパーマ。
 
ただ薬剤も弱めで、熱も加えないのでカールの持ちがあまりよくないことも!!
 
 
《 最適な長さ 》 ショートからロングまで全て
 
 
 

《 その他コールドパーマ 》

 

コールドパーマが一般的なパーマです。
 
加熱はせずに、パーマ液のみで髪の毛のたんぱく質を固定してウェーブを作り出すかけ方。
 
 
コールドパーマは、髪の毛が濡れている状態の時が一番ウェーブが強く出て、乾いたときにゆるくなるのが特徴です。
 
半渇きでセットするようなウェーブスタイルにはオススメしたいパーマ。

 
 
ドライヤーで髪を雑に乾かすと、ウェーブがばらばらになってしまったり、伸びてしまったりしやすいです。
 
濡れた状態の時に、スタイリング剤をつけて、カールを壊さないように乾かすのが一番綺麗にカールを出せます。
 
 
《 最適な長さ 》 ショートからロングまで全て
 
 

ざっくり言うと、
 
乾かしてカールが出やすく巻いた質感がの方がいい時は、『熱を加えてかけるパーマ』
 
半渇き仕上げや自然乾燥で仕上げていく方がいい時は、『熱を加えずかけるパーマ』

 
がオススメなパーマの選び方ですね♪
 

髪質、クセの出方、ご希望のヘアスタイル、お家でのスタイリングの仕方、朝の時間のかけ方、によってオススメなパーマの種類、かけ方は変わってきます。

 
 
自分に合うパーマが見つかると今まで以上にヘアスタイルが楽しめるはず!!
 
 
よかったらぜひ参考にしてみてくださいね!!
 
 
 
ご予約を頂いてもご指名でないと担当できないことがあります。

ぜひご予約の際は指名でのご予約でお願いします。

 

LYON トップデザイナー 伊丹 優太

 

LINE ID yuta-itami

(いきなり電話や予約をしにくくて相談したい方はLINEでも受け付けてます。もちろんLINEからご予約も可能です。)

 

※ご新規のお客様限定の指名割引もご用意してます。

必ず満足していただけるような技術、アドバイスをしていきます。

 

ご新規の方はこちらから↓↓

ご予約はこちら

(ご指名の場合はご要望欄に伊丹指名とご記入ください)

 

お電話からも新規割引できます。

LYON hair&makeup

03-6804-5308

 

a7af72481fe4d06170408912f03a8a07_65b144d6b987b498e0344529221d0bbf