Blog

枝毛・切れ毛ってなぜ起こる!? 枝毛の原因と予防や改善方法をまとめてみました♪

 

髪の毛を伸ばしてたり、カラーやパーマなどを繰り返しているとどうしても出てきてしまうのが枝毛です。

 

枝毛って一度見つけてしまうと気になって、ついつい探しちゃいますよね!
枝毛になって、毛先がバサバサしたり、白くなってたりしてると後ろ姿も綺麗に見えずいいイメージを持たれないこともあると思います。
 
 
枝毛はなぜかすぐできてしまいます。
 

トリートメントをしても、枝毛を切ってもらっても・・・

 
なのでまずはその原因を知って、日々ケアしていくことが大切です!
 
 
日頃のケアをしっかり続けることが綺麗な髪を作る一番の近道ですよ♪
 
 

枝毛ってどんな状態?

 


 
髪の毛はキューティクル、コルテックス、メデュラという大きくいうと3つの構造でできています。
そして、髪の中には必要な水分、油分などが健康な髪には詰まっています。
 
髪の表面の「キューティクル」が、髪を覆ってくれてることで内部を守ってくれているのですが、ダメージをしてくるとどんどんこのキューティクルが剥がれてきてしまいます。
 
キューティクルはもともとウロコ状なので、それが剥がれると枝毛になってきます。
 
外部刺激、摩擦などによってキューティクルが傷ついたり、剥がれると内部の水分量や油分量は少なくなって、乾燥して髪が裂けやすくなり枝毛になってきてしまいます。
 
 
枝毛は一度できると厄介で、どんどん上の方までダメージを進行させてしまうので早めの対策がすごく需要です!
 
 

枝毛と切れ毛の違いってなに?

 
枝毛は切れ毛は似ているようでまったく違うものです。
 
枝毛は髪に対して縦方向にダメージが起こっている状態、切れ毛は横方向にダメージが起こっている状態。
 
枝毛は毛先からダメージがはじまって、キューティクルが剥がれることから起こります。
また、切れ毛は髪を引っ張ったりした時に髪の途中からプチっと切れた状態のことをいいます。
 
 
キューティクルが剥がれてくると、その内側にあるコルテックスがむきだしになります。
 
それによって内側にあるケラチンタンパク質が抜け出してしまいスカスカになることで、強度が弱くなり縦に裂けてしまうのです。
 
 

枝毛の原因は!?

 

 
髪が傷む原因は日常でたくさん思いつくことがあります。
 
でもその中でダメージを起こしやすいのをいくつかあげると・・・
 
「パーマやカラーリングを頻繁にしている」
「シャンプーの種類があってない」
「ドライヤーで必要以上に乾かしてしまっている」
「自然乾燥させている」
「ちゃんと乾かさずに濡れたまま寝てしまっている」

 
 

1、パーマやカラーリングを頻繁にしている

 
たまにするパーマやカラーもちゃんとケアしていれば問題ありません。
 
ただ頻繁すぎたり、毎回髪への負担がかかるパーマやカラーの内容をしてしまったりするとかなり枝毛になる原因に!!
 
薬剤が髪に触れるっていうことはやっぱり髪やキューティクルへの負担が大きいんです。

 
 
髪は一度ダメージしたり、キューティクルが剥がれてしまうともう元に戻ることはありません。
 
頻繁にカラーなどをするときは、美容師さんと相談しながら髪に負担が出にくいような提案をしてもらうといいですよ♪
 
 

2、シャンプーの種類があってない
 
シャンプーは本当に成分や効果、内容は物によって様々です。
 
一番怖いのは、シャンプーの洗浄力の強さによる髪のダメージや乾燥。
 
あまりにも洗浄力が強いと髪のキューティクルを剥がしてしまったり、乾燥させてしまったり。
 
 
洗浄力の強いシャンプーは「高級アルコール系シャンプー」と呼ばれ、洗浄力が強いので髪に必要な脂質や水分まで洗浄してしまう恐れも!
 
それが原因で、髪が水分不足になってキューティクルが剥がれ、枝毛や切れ毛の原因となることがあります。
 
高級アルコールシャンプーはドラッグストアなどで安価で手に入れることができるシャンプーのことが多いです。
 
自分に合うシャンプーの中で選べてたらいいけど、もし髪質に合ってなかったり、髪をダメージさせちゃう原因のあるシャンプーを使ってたら早めに変えることをおすすめします。
 
 

3、ドライヤーで必要以上に乾かしてしまっている

 
髪を乾かすときにはドライヤーを毎日使いますよね!
 
でもドライヤーも必要以上に乾かしすぎたりしてオーバードライと言われる状態にしてしまうと髪は乾燥して枝毛の原因になることも!
 
しっかりは乾かして欲しいけど、広がってきてしまうほど乾かすのは髪にとってかなり危険です。
毎日のドライヤーの時間、かけ方には気をつけてくださいね。
 
ドライヤーで一番気をつけて欲しいのは、根元から乾かして欲しいこと!!
 
髪は根元を乾かしているうちに絶対毛先のほうも乾いてくれます。
 
なので、毛先から乾かしてしまうと乾かしすぎてしまうんです。

 
 

4、自然乾燥させている
 
自然乾燥は髪の中の水分を全部なくしてしまいます。
 
そうすると髪の中はカピカピの状態になってしまいますよね!
 
その状態で1日いたら髪はさらに乾燥するし、刺激も受けやすくなってダメージに繋がってしまいます。
 
 
適度な水分量を髪の中に残してあげるためにも、お風呂上がりはしっかりドライヤーで乾かしてあげてください。
乾かしすぎもダメですよ!
 
 

5、ちゃんと乾かさずに濡れたまま寝てしまっている

 
髪は濡れた状態だと髪の中の結合が不安定な状態です。
 
その状態で髪と髪が擦れたり、枕と擦れたりしてしまうと髪の表面のキューティクルが剥がれてしまって、切れ毛、枝毛の原因!!
 
夏場などは、乾かさないで寝てしまうと頭皮の衛生環境が良くなくて雑菌が増えやすくなることもあります。
 
そうすると、抜け毛の原因になることもあるので気をつけてくださいね。
 
 

枝毛にならないためにはどうすればいいの?

 


 
まずは、枝毛にならないような予防をしておくことが重要です。
 

・タオルドライ

 

シャンプーのあとに間違ったタオルドライをけっこーしてしまいがち。
そのせいでキューティクルを傷めてしまっているかも!
髪の毛をゴシゴシとタオルで拭いてしまっていると、髪の毛同士が擦れてキューティクルにダメージがしてしまいます。
 
優しくタオルで挟んで水分を取ってあげるように水分を取ってあげましょう。
 
 

・トリートメント

 

お風呂でケアする洗い流すトリートメントと、ドライヤー前の洗い流さないトリートメントを両方使いうのが効果的。
 
お風呂での洗い流すトリートメントは、内部補修の効果が一番効果的。
今まで蓄積されてきたダメージや乾燥状態を補修してダメージ部分を穴埋めしてくれます。
 
潤い感、ツヤ感、手触りなどもアップするので自分に合うトリートメントを必ず使ってください。
 
ドライヤー前の洗い流さないトリートメントは、ドライヤーの熱からも守ってくれたり、その日1日の髪を扱いやすくしてくれる効果があります。
 
なのでぜひ両方使って毎日のケアを頑張ってあげてください。
 
 

枝毛のケア方法

 

 
髪は死んでしまった細胞の集まり。
ということはダメージを元に戻すことも、出来てしまった枝毛を補修することもできません。
 
一時的に綺麗に見せたり、扱いやすくすることはトリートメントをすることで可能です。
 
 
トリートメントを頑張ると、ダメージをさせないように今の髪の状態をキープしやすくしたりするのでやはり毎日のケアを続けるのが枝毛、切れ毛を作らないようにする近道です。
 

あとは、枝毛になってしまったところ、なりそうなところは早めにカットしてあげること!

 
伸ばし中だからといってずっとカットせずいると、枝毛が枝毛を増やしてどんどん悪化しやすくしてしまいます。
 

LYON でも枝毛部分、毛先のダメージ部分のみのメンテナンスカットのカットメニューもご用意しています。

 
伸ばし中だと毎回そんなにカットしなくてもいい気がするんだけどな・・・
 
そんな風に思ってる方にはぴったりなメニューだと思います。
 
 
料金も通常カットの半額くらいなので、その分ヘアケアにお金をかけれたり、節約もできて髪もキレイにできるはず!!
 
 
美容室での枝毛カット、毛先のダメージカットも定期的に行って美髪を作れるようにしていきましょう!

 
 
 
 

ご予約を頂いてもご指名でないと担当できないことがあります。

ぜひご予約の際は指名でのご予約でお願いします。

 

LYON トップデザイナー 伊丹 優太

 

LINE QR CODE

 

 

 

(いきなり電話や予約をしにくくて相談したい方はLINEでも受け付けてます。もちろんLINEからご予約も可能です。)

 

※ご新規のお客様限定の指名割引もご用意してます。

必ず満足していただけるような技術、アドバイスをしていきます。

 

ご新規の方はこちらから↓↓

ご予約はこちら

(ご指名の場合はご要望欄に伊丹指名とご記入ください)

 

お電話からも新規割引できます。

LYON hair&makeup

03-6804-5308

 

a7af72481fe4d06170408912f03a8a07_65b144d6b987b498e0344529221d0bbf